経営幹部・管理職向けコーチング、実践型人材育成研修なら株式会社シエーナにお任せ下さい

働き方改革実践プログラム

本プログラムは

 働き方の多様化への対応
 マネジメント手法の見直し
 女性活躍にむけた職場作り(ハラスメントの防止含む)

といった課題を解決するため、管理職や一般従業員の意識改革を行うためのプログラムとなります。

本プログラムは 働き方チェンジプログラム①【研修】 働き方チェンジプログラム②【実践サポート:1to1コーチング】

のプログラムから構成されております。実践度を高めるためには【研修】とあわせて実践サポートプログラム(2)1to1コーチングを受講していただくとより効果的です。

1.働き方チェンジプログラム①【研修】

内容 【集合研修】1回6時間×3回
実施場所 貴社指定の会議室
※外部会議室を利用する場合の会議室費用は貴社にてご負担いただきます。
※ご希望に応じて実施回数、実施期間、研修内容をカスタマイズいたしますのでお気軽にご相談下さい。
【ステップ1】集合研修の実施
【第1回】働き方をチェンジするための「意識チェンジ」について
【第2回】働き方をチェンジするための「マネジメント手法のチェンジ」について
【第3回】働き方をチェンジするための「伝え方チェンジ」について

【ステップ2】次回研修までの間、個別のメールサポートを実施
集合研修、職場での実践におけるメールサポートを、受講者別に回数無制限で行います。
【ステップ3】次回研修時、前回テーマの振り返り実践の報告と学びの共有

次回研修時に実践の報告と学びの共有を行います。

【第1回】働き方をチェンジするための「意識チェンジ」について

  • 働き方をチェンジし、労働時間削減が求められている背景について
  • 働き方をチェンジし、労働時間を削減する際の障害・ハードルとは。
  • 働き方をチェンジし、労働時間を削減するために必要なこと
  • 過去の常識や価値観による思考パターンとは
     ①長時間労働ありきの働き方 ②性別役割分担意識
     ③指示命令型マネジメント ④協調性の重視(察する文化の重視)
  • 【個人ワーク】過去の常識や価値観への囚われ度チェックリスト
  • なぜ、わかっているのに意識チェンジができないのか?
  • 出来事と感情の関係とは(上記①~④の思考パターンより事例から学ぶ)
  • ビリーフとは(6)歪んだ思考とは(「べき思考」「レッテル貼り思考」「全か無か思考」「早まった結論思考」など)
  • 【個人ワーク】自分の思考パターンを知る
  • 【グループワーク】自分の思考を緩めるためのアドバイスをもらう
  • 思考パターンを変える方法

【第2回】働き方をチェンジするための「マネジメント手法のチェンジ」について

  • 生産性を向上させる組織の形とは
  • 生産性を向上させる組織における管理職の役割とは
  • 個人の価値観の違いと多様性について
  • 【個人ワーク】価値のリスト~自分の価値観を認識する~
  • 【グループワーク】自分の価値観を認識し、相手の価値観を知る
  • 組織における個人の価値観の活かし方
  • マネジメントの種類~指示命令型マネジメントとコーチ型マネジメント~
  • 【個人ワーク】マネジメントとプレイヤーの比率を知り自分の課題について考える
  • 【ペアワーク&グループワーク】自分の課題を元に、課題と解決の一歩を明確にする。

【第3回】働き方をチェンジするための「伝え方チェンジ」について

  • アサーティブコミュニケーションとは
  • なぜ、自己主張できないのか。
  • あなたのアサーティブ度チェック
  • 自己主張のスタイル
  • 【個人ワーク】最近自己主張できずに我慢した出来事とは
  • アサーティブな伝え方のポイント
  • アサーティブに伝える手順
  • 人と対立する人たちのタイプとのつきあい方
  • 【ロールプレイ】具体的ケースにおける「シナリオ作り」「ロールプレイ」「振り返り」を実施

(2)働き方チェンジプログラム②【実践サポート:1to1コーチング】

本プログラムは職場での仕事を通して、【研修】で得た知識を継続して実践し続けるための実践支援サービスとなります。

1人1人が意識をチェンジし、継続して実践し続けるためには、定期的に環境として、自分自身と向き合い、考える場が必要です。また、受講者の方の個別の課題にフォーカスし、1対1で、完全個別対応で実践支援をするため、効果が高まります。

特に、「(1)働き方チェンジプログラム①【研修】」を受講することで知識を習得することはできますが、実践となると本人が過去の常識や価値観による思考を変えたいと思っていても変えられない、というケースも出て参ります。

従業員1人1人が影響を受けている思考は1人1人で異なるため、個別にどのような思考に縛られているのかを探り、その思考を緩め、新しい行動を選択できることを目指していくサポートを1対1で実践していきます。

【目的】 ・研修で得た知識に基づく実践力の強化。
・個別に影響を受けている過去の常識や価値観を探り、自動思考を緩める個別サポートを行う。
・実践後の振り返りをすることで、更なる実践を促進。
【ご契約期間と回数】 ご契約期間は12ヶ月となります。原則として月1回60分、合計12回。
※ご希望により契約期間の更新(12ヶ月ごと)も可能。
【実施方法】 初回は対面で実施いたします。2回目~12回目までは電話で実施いたします。
【記録】
毎回のセッションログを1週間以内に送付。
【サポート】 セッションとセッションの間のメールサポートを実施。
【守秘義務】 社外はもちろんのこと、個別のセッション内容は経営者、上司にも公開しません。

 

(3)費用

費用については研修内容、研修場所、研修目的、人数などについて異なります。詳細についてはご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5944-9212 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP