経営幹部・管理職向けコーチング、実践型人材育成研修なら株式会社シエーナにお任せ下さい

代表 吉川直子プロフィール(詳細)

ホーム > 会社概要 > 代表からのメッセージ
代表からのメッセージ

代表 吉川直子プロフィール(詳細バージョン)


新卒で入社したアパレルメーカーが入社1年で倒産したことをきっかけに、専門スキルを習得する必要性を実感し、24歳で未経験ながら労働保険事務組合(社会保険労務士事務所併設)に勤務。実務を通じて社会保険労務士の仕事に興味を持ち、社会保険労務士の資格取得を決意。事務所に勤務しながら資格取得のため専門学校に通い、無事通学2年目で試験に合格する。


その後、営業代行を担当する人材派遣会社、給与計算会社とアライアンスを組んだ労働保険事務組合(社会保険労務士事務所併設)にて社会保険・労働保険のアウトソーシング業務に携わる。


それまでの経験から社会保険労務士の仕事は、【中小企業の人事労務の専門的なサポートをすること】だと捉えていたが、アウトソーシング業務では、【できるだけ単純な事務処理に落とし込んで大手企業の大量の入退社等の手続きを効率よくスムーズに行うこと】を求められ、軽くカルチャーショックをうける。


また、アウトソーシング業務に関連し、クライアント企業の従業員と個別対応を担当。これにより専門的な知識を背景にわかりやすく簡潔に説明することを求められ、ツールの作成などに携わる。


しかし、単なる事務作業を求められる価値観に違和感を感じ、直接人と関わってクライアント企業の役に立ちたいという思いが強くなる。


ちょうどその頃、当時の上司が独立して社会保険労務士事務所を開業することになり声をかけられて創業メンバーとして勤務することになる。実務責任者として、引き続き大手企業・中小企業の社会保険・労働保険の手続き代行業務、労務相談、就業規則等のコンサル業務にも携わる。


労使トラブルの予防や労務相談の対応のみならず、人材育成に関する業務に携わりたいと思っていたところ、偶然ある雑誌に掲載されていた「コーチング」の手法に興味を持ち、2003年からコーチングのトレーニングプログラムの受講をスタートする(2005年に(一財)生涯学習開発財団認定コーチ資格を取得)。


合わせて自分自身でプロコーチを雇ったところ、主体性が引き出されて驚くほど早いスピードで決断し実践できるような変化を体験する(この時から継続して現在までの10年間、定期的にプロコーチのコーチングを受けている)。


自分の体験で「コーチング」という手法が人の主体性を引き出し、決断や実践に効果的だと実感し、コーチングのサービスを提供していきたいという思いが強まり勤務していた事務所を退職。2005年4月に社会保険労務士事務所(旧 よしかわ労務コンサルティング)を独立開業する。


まったくのゼロからのスタートだったが、開業前、当時はやりだしたブログをスタートし、ブログで交流を持った人に会いに行ったり、関心を持ったセミナーへ参加することで他士業の人脈を形成。また、直接ブログを見たお客様からの問い合わせや、雑誌の執筆依頼、講演依頼などをいただき、少しずつ仕事が増えていく。コーチングについても、ブログをみた士業の方や経営者の方からお問い合わせが増え、プロコーチとしてのスタートも切ることができた。


そのような中、開業2年目においてプライベートでは長男を妊娠・出産。


初めての子育てをしながら単行本の執筆や1to1コーチング、顧問先業務に対応する(このときからワークライフバランスを実践中)。


また、クライアントとのコーチングを通じて、コーチとしてのスキルだけではなく人としてのあり方(「人格」「人間性「徳性」」)を高めることの必要性を痛感し、現在も読書や勉強会に参加をし、日々意識して実践している。


その後、ある企業の管理職の方からの個人的な依頼で1to1コーチングを実施するが、コーチングを受けた個人が企業で努力してもその企業の組織の問題が解決しなければ変化が難しいということを実感する。


企業におけるコーチングアプローチを検討していたところ、以前知り合った経営者の方から、「当社の幹部社員全員に1to1のコーチングをしてほしい」という依頼を受ける。そこで、定期的に幹部社員の方のコーチングを実施したところ、1人1人が主体的に考え決断し実践するというサイクルを繰り返すことで、目標管理制度で設定した計画と実際の行動が一致する組織へと変化していった。


このような事例を通して「組織」を対象としたコーチングの効果を確信し、個人経営の社会保険労務士事務所とは別にコーチングサービスを提供する事業を法人化することを決意。2011年10月に株式会社シエーナを設立する。


なお、同時期に配偶者である吉川洋之が上場企業むけのIRコンサルティングの会社を起業。吉川洋之自身もプロコーチを雇っており、その効果を体感していた。また、IRコンサルティングを通じてクライアントの成長をサポートする中で、「会社が成長するためには何が大事なのか?」という問いにぶつかったときに、結局は「人」が大事だ、という答えにたどりつく。その中でも、主体性を育むコーチングの構造に興味を持ち、コーチングのトレーニングをスタート。あわせて株式会社シエーナへ出資し、取締役に就任する(2012年(一財)生涯学習開発財団認定コーチの資格取得)。


2016年現在、株式会社シエーナにおいては、成長を目指す企業にコーチング、企業研修等を提供。また、個人経営の社会保険労務士事務所(社会保険労務士事務所シエーナ)では、中小企業の人事労務管理のサポートを行っている。 また、年間講演・研修回数は60回以上。


商工会議所等講演・研修実績多数。著書に「中小会社の人事・労務・人材活用図解マニュアル(大泉書店)」 「人ひとり雇うときに読む本(中経出版)」「顧問先の疑問に答える税理士が知っておきたい人事労務の基礎知識(清文社)」「社会保険労働保険はじめての届出&簡単手続き(技術評論社)」「働く女性のためのパート労働法早わかり(中経出版・監修)」などがある。


お気軽にお問い合わせください TEL 03-5944-9212 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社シエーナ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.