経営幹部・管理職向けコーチング、実践型人材育成研修なら株式会社シエーナにお任せ下さい

5.具体的な意識改革の方法とは

5.具体的な意識改革の方法とは

それでは、過去の常識や価値観に囚われず、意識チェンジをするには、どのようなアプローチが有効なのでしょうか?

実は、意識しても簡単に変えられない行動というのは、ご自身が持っている「べき思考」や「ビリーフ」が影響しているケースが多くあります。

だからこそ、自分自身が影響を受けている『思考』と、自分が正しいと信じている『ビリーフ』自覚し、そしてこの『思考』と『ビリーフ』を少しずつ緩めるというアプローチが必要です。

具体的には、出来事に遭遇した際に、自分の中に引き起こされる「心のつぶやき(自動思考)」が関係しています。

そこで、自分の「心のつぶやき(自動思考)」を自覚し、コントロールすることで、自分の感情と反応する回数を減らしていく、というアプローチを行います。

自分の自動思考を自覚し、トレーニングにより意識的に反応した行動をする回数を減らしていくことで、これまで取れなかった新しい行動を選択することを目指します。

例えば、今まで10回中10回とも、トレーニングを重ねることで、過去の常識や価値観に反応してしまい、新しい行動を選択できなかった回数を【10回中8回】⇒【10回中5回】⇒【10回中3回】と減らしていき、結果として過去の常識や価値観に反応せず、新しい行動を選択できる回数が増え、意識チェンジによる実践が進んでいく・・・すなわちこれまでとは違う行動を選択できるようになることを目指します。

頭で理解しているのに、どうしても変えたいけれど、いつも変えられない、同じところをグルグル繰り返して、同じパターンを繰り返してしまう・・・という場合は、ご自身の心のつぶやき(自動思考)が原因かもしれません。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5944-9212 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社シエーナ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.