経営幹部・管理職向けコーチング、実践型人材育成研修なら株式会社シエーナにお任せ下さい

6.意識改革に必要な取り組みとは

6.意識改革に必要な取り組みとは

同じ出来事であっても、1人1人の「偏った思考」や「ビリーフ」は異なるため、出来事に遭遇したときに出てくる心のつぶやき(自動思考)や引き起こされる感情も異なります。特に、無意識に【不健全な感情】を引き出す可能性が高い「偏った思考」を自覚し、感情と一体化しないことができると、思考と感情に振り回されなくなり、結果として新しい行動を起こすことが可能となり、【意識改革】による【行動改革】が可能となります。

 ・健全な感情・・・出来事に対する感情。ほどよい感情。
 ・不健全な感情・・・出来事の受け止め方によってエスカレートした感情

なお、これまでお伝えしてきたことを踏まえまして、企業が1人1人の【意識改革】に取り組むために必要な取り組みを3つご紹介します。

  1. 私たちが影響を受けている過去の常識や価値観による思考パターンを自覚する。
  2. ①をふまえて、囚われている「思考」や「ビリーフ」は1人1人異なるため、1対1で取り組み、「思考」や「ビリーフ」を緩める。
  3. 察する文化から伝え合う文化へ移行する(多様な価値観を知り、受け入れるためには言葉で伝え合うことが必要なため)。
  4. リーダーシップを向上させ、主体的に考え、決断し、動く人材を育成する。

 

この3つの取り組みをサポートするため、弊社では各サービスメニューをご用意しています。

【サービスメニュー一覧】

働き方改革実践プログラム
女性活躍推進プログラム
ハラスメント防止プログラム
リーダーシップ向上プログラム
エグゼクティブ・コーチング

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5944-9212 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社シエーナ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.